読書記録『神樂坂七不思議』

こんばんは、お久しぶりです、ねこめです。先日はデザフェス出展の為、東京に行って来ました。という事で、第二十一回目は泉鏡花の『神樂坂七不思議』です。神楽坂、東京の中でも好きな場所の一つなのでワクワクして読みました。

だ」といつたとてつたがであてにはならぬといふにはあらず、こゝのだうかみけてさ、このなゝたまへや。

https://www.aozora.gr.jp/cards/000050/files/4147_6474.html

神楽坂で見聞きする物事や噂が書かれた短編小説です。内容は“何でもないような事”ですが、見方や言い方で「不思議」に思える、不思議な小噺が詰まっています。

創作する時も、普段の何気ない出来事を他の視点や切り口で面白可笑しくしたり、想像を膨らませたりするよなぁと思いました。新しい発想の種になるので、どうやったら不思議に料理できるか常日頃から考える遊びをしたいです。

青空文庫より『神樂坂七不思議』泉鏡花
https://www.aozora.gr.jp/cards/000050/files/4147_6474.html